本日、個展「キオクノキロク」を開催させていただきました。
 

内容は家の処分や引越しに伴う心の負担を写真でケアをするという取り組みの作例の展示です。

   

最初は例え少しの来場者しかいなかったとしても

   

その来てくれた方にキオクノキロクの取り組みについて直接お話できればいいと思っていたのですが

 

想像を遥かに上回る人が来てくださりました。

  

感謝してもしきれません、本当にありがとうございます。

 

写真会社で働いたこともなく、知識も経験も0からのスタートでの約5年。

  

写真でこんなのがあったらいいなあと思いつくことを自分なりに挑戦していった5年間でした。

 

今日の個展会場ではたくさんの人達が僕の作品を見てくださり、話しを聞いてくださいました。

 

途中、なんだか自分が挑戦してきたことの成績表をもらえたような感覚になって

 

とても感慨深い気持ちになっていました。


そして考えられないくらいありがたいことに

 

来てくださった方達からの「展示が1日だけなのはもったいない」というお言葉や

 

個展会場として場所を提供してくださった「納屋hoccorito」様のご厚意により

 

11月22日にも展示を開催させていただくことになりました。

 

その日僕はブライダルの撮影のご依頼をいただいており、会場にいることができないのですが

 

展示している作品は今日と変わらない状態で見ていただくことができます。

 

直接ご挨拶ができないのが心苦しい限りではありますが

 

足を運んで作品を見ていただけると、とても嬉しいです。