面白いってのは重要だと思うんです。

 

だって辛いことより愉しいことのほうがいいじゃないですか。

 

その意味で、こないだの前撮り撮影楽しかったなー、もっとあんなんやりたいなー。

 

※こないだの前撮りのブログはこちら

 

 

そんな風に思ってた僕に、あるお仕事が舞い込んできます。

 

それは自転車をテーマにした前撮り

 

はい、このタイミングの良さに思わずものすごく高まりましたw

 

早速ヒアリングさせていただいたのですが、その時思ったこと。

 

もうね、『なんなんこのラブラブっぷり!外国人かよ!』ってのが率直な感想w

 

※イメージ

 

 

話をしていく内に更に見えてくる二人のかたち。

 

ラブラブすぎて旦那様を尻に敷いちゃってる奥様、そしてそれを甘んじて受け入れている器の広い旦那様。

 

 

※更に見えてくるイメージ

 

 

そんな感じであっという間にヒアリングの時間は過ぎ、そしてあっという間に当日を迎えます。

 

 

 

旦那様の愛車

 

 

 

新郎新婦の友達も手伝いにきてくれました

 

 

 

準備着々

 

 

 

 

いいよいいよー

 

 

 

 

別パターンもいってみようかー

 

 

 

 

いいね!すごくいいよー!

 

 

 

 

ノッてるねー!(悪ノリ的な意味で

 

 

 

 

もういっちょいってみようかー!

 

 

 

終始和気あいあいとした雰囲気で終えた撮影、出来た作品がこちら。

 

 

旦那様の体の張りっぷり、男前すぎですw

 

 

 

給水代わりに思い入れのある花を

 

 

 

2人の想い出のロケーションで

 

 

本当にあっという間に終わった撮影、愉しい時間が過ぎるのは一瞬。

 

 

そんな一瞬にもその方達のストーリーがあるわけでして

 

『あの日こんなことしたね、こんなこと思ってたよね』って写真が記憶の鍵になってくれていればフォトグラファーとしてこれ以上の喜びはないわけです。

 

 

 

やりきった感

 

 

 

ここから関西圏の人にしか通じないネタ。

 

関西に開放倉庫っていう割と大きなリユースショップがあるんですよ。

 

 

 

こんなんもどうっすか?

 

 

 

 

5年後くらいに全く同じ構図で次はママチャリ担いでもらって『行ったぜ開放倉庫』にしたいw

 

 

以上、前撮り撮影ブログでした!

 

『こんなことしてもらえるのかな?』

 

『こんなこと頼んでもいいのかな?』

 

どんどん聞かせてください、一緒にいい物作りましょう!

https://katachi-photo.com/service/

 

 

なお、撮影風景を撮影してくれた方はこちら。

 

カメラ沼に叩き落した挙句、アシスタントとして酷使

 

次のブログ

 

 

前回のブログ